老舗の三栄建築設計なら安心して任せられる

高気密高断熱性に優れた家

積み木

北欧スタイルの特徴

家を購入するさいには、その建物の構造に注意する必要があります。一般的に日本では独自の住宅工法が発達しており、現実としてさまざまな種類の家が存在します。それぞれの工法や構造によって建てられた家には、それぞれの特徴があり、その特徴を理解して購入する必要があります。北欧住宅は、北欧(スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドなどの諸国)で建てられるタイプの住宅のことです。これらの国の環境としては森と湖に囲まれており東日本の気候に似た地域として知られます。このため森林資源が豊富で、それらを活かして家具や雑貨などが作られていますし、建物にも木造のものが使われています。北欧住宅の特徴としては、冬季は極寒地にあるため断熱性や気密性に優れているということです。また高緯度に位置することもあって、日照量が少ないので窓を比較的大きめに取っているといった特徴があります。日本独自の住宅でも現在では高気密高断熱を実現したものがありますが、その多く石油製品である断熱材を用いたものが中心です。北欧住宅では木を活かして高気密高断熱を達成しており、特に窓は木製を用いて三層構造とするなど、極寒地でも快適に過ごせるようになっています。また北欧住宅では間取りを広くとれるようになっており、日本の住宅工法とことなって比較的自由に間取りを変更することができるメリットもあります。また北欧住宅では外観も特徴的な建材が使われているためより個性のある家を建てることができます。